スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2弾「緑」の使い方

第2弾で登場した緑のアイドル、楽曲の使い方をご紹介!

I-014.png I-015.png M-017-2.png
緑関係のカードは、アイドル2種類、楽曲1種類の計3枚。
本稿では、「I-015 栗原シホ『 〜♪』」と楽曲「Change My Ballad」をご紹介。
「I-014 栗原シホ『夢はシンガーソングライター!』」の使い方はこちらから!


M-017-2.png
楽曲「Change My Ballad」はアイドルのパラメータに関わらず12FPもとれる、
他の3人楽曲の中でも強力なカードになっています。

ただし、セットリストに緑楽曲があると、
1枚につき4FPもとれるFPが減ってしまうデメリットを持っています。
そのため、2回までならまだしも
3回使うと4FPしかとれないという何とも言えない楽曲となってしまいます。

山札にいれるなら1枚に抑えたいところ。


そこで使いたいのが「I-015 栗原シホ『 〜♪』」です。
I-015.png
このカードは手札の楽曲とセットリストの緑楽曲を入れ替えることができちゃいます!
以下、このカードを使ったコンボの解説です。


I-015_kaisetsu1.png
「Change My Ballad」を使った次のターン。
センターの「I-014 栗原シホ『夢はシンガーソングライター!』」を
ポジションチェンジ(コストで手札を1枚捨てる)で
手札の「I-015 栗原シホ『 〜♪』」と入れ替えます。

I-015_kaisetsu2.png
「I-015 栗原シホ『 〜♪』」がステージに出たので効果を使います。
手札の楽曲(1人楽曲などもう使っても弱いカード)を1枚選んで、
セットリストの「Change My Ballad」と入れ替えます。


I-015_kaisetsu3.png
セットリストに緑楽曲が無くなったので
手札に加わった「Change My Ballad」を使えば、
再び12FPをとることができます!
2ターンで合計24FP!!
強力です。


緑は出張セットとして使えます。
楽曲も爽快感抜群の威力を持っているので是非、使ってみてください!!


<カードカタログ>
<ダウンロードページ>


ご質問・ご感想はこちら:
cardol.tcg@gmail.co(最後に「m」を足してください)
スポンサーサイト

第2弾「I-014 栗原シホ」の使い方

本稿では、第2弾で登場した「I-014 栗原シホ『夢はシンガーソングライター!』」の使い方をご紹介!

I-014.png
このカードはどんな楽曲でもサーチできる強力カード。
赤+何かの混合デッキに混ぜると力を発揮します。



I-014_kaisetsu1.png
初手、手札に「藍川アカリ『ねえ、アイドルしよ?』」と楽曲がある時。
「藍川アカリ『ねえ、アイドルしよ?』」の効果を使い、「栗原シホ『夢はシンガーソングライター!』」をステージに出します。


I-014_kaisetsu2.png
「栗原シホ『夢はシンガーソングライター!』」がステージに出たので、効果を使い手札の楽曲を1枚捨て札にします。
この時捨て札にするカードは、後半に使用する3人楽曲にして、後でリサイクルショップなどで回収しましょう。
楽曲を捨てたら、デッキから「ROCKET START<<」を手札に加えます。


I-014_kaisetsu3.png
そしてこのターン「ROCKET START<<」を使えば、3FPと好きなアイドルを獲得できます。


この動きができれば手札1枚消費でアイドルを3色そろえることができてとても強力です。
新カード「栗原シホ」でコンボを狙ってみよう!

<カードカタログ>
<ダウンロードページ>


ご質問・ご感想はこちら:
cardol.tcg@gmail.co(最後に「m」を足してください)

カード解説2 〜「赤」編〜

前回のカード解説〜「赤」編〜からゲームに変更があったので、再度掲載。
今回は1枚1枚使い方を解説していこうと思います。


カードル♪をダウンロード→こちら
詳しいルール→こちら
カードカタログ→こちら


まずは、アイドルから♪



I-001 藍川アカリ
I-001-2.png
パラメータ・S5/D5/ L5
『ねぇ、アイドルしよ?』
《ステージに出た時》 自分のステージに、このカード以外のアイドルがなければ、
山札からイメージカラーが「赤」以外のアイドルを1枚選びステージに出します。
その後、 山札をシャッフルします。


山札からアイドルをサーチできる強力なカード。

1ターン目に、このカードから「I-002 小日向ヒナタ」→「S-004 スポンサー」で山札を引いたり、「I-004 浦松オハナ」をサーチしてさらにピンクの楽曲を引いたり…など様々な展開が可能。
2人用の楽曲もいきなり使えるので、「手札に使える楽曲がないっ!」なんてことも回避できます。

故に、必ず最初に引いておきたいカードでもありますから、3枚積みしたり、「S-001 スカウト」を入れるのが基本です。2枚目以降は効果を発揮しないので、ポジションチェンジのコストとして使いましょう。

パラメータもそこそこで、バランスが良いのでどの色とも組み合わせることが可能なとても強力な1枚ですが、赤色のアイドルは連れて来れないので注意です。



I-002 藍川アカリ
I-002.png

パラメータ・S5/D6/ L3
『歌って心だからっ!』
《ポジションがセンターの時》 このカードのSは+6されます。

センターの時、Sが11。
Sの合計で火力が上がる赤楽曲にはうれしい効果。

特に、「M-003 ULTRA☆もっと☆カワイクね♪」の火力アップには必須。「I-001 藍川アカリ」で序盤を展開した後、「M-003 ULTRA☆もっと☆カワイクね♪」を使うタイミングでこのカードをセンターにできるとベストです。
ただし、このカードでゲームをスタートしてもほとんどの状況で赤楽曲を最高威力で使えるので悪くはないです。

Dもそこそこ高いので黄色と相性抜群。
Lが低く、Sは、このカード+ピンクのアイドル2枚でも合計19止まりなのでピンクとの相性はいまいちです。



お次は、楽曲♫



M-001 笑顔プリーズ
M-001.png
赤/1人/Sが合計10以上で+1FP/共有プールから3FP

1人用楽曲では最高火力の内のひとつ。
しかも、赤アイドルはどちらも効果によって、必ずSが合計10以上になります。
とても使い勝手が良いカードです。



M-002 ドリーム・ピッチャー
M-002.png
赤/2人/Sが合計15以上で+1FP/共有プールから5FP

Sが合計15以上なら6FP、合計15以上なくても5FP取れるので強力。
「I-001 藍川アカリ」を使えば1ターン目からも使えますが、最大火力をねらうなら「M-001 笑顔プリーズ」などから使うようにしましょう。



M-003 ULTRA☆もっと☆カワイクね♪
この楽曲を聴く
M-003.png
赤/3人/Sが合計20以上で+2FP/共有プールから8FP
セットリストの6曲目より前で使用したなら、得られるFPは0になり、以下の効果もなくなります。
【後で】 共有プールのFPを5増やします。

ほぼデメリットなく8〜10FPを得られる強力なカード。
ただし、6曲目以降にしか効果を発揮しないので、充分にFPが共有プールにあるか注意。
黄色のアイドルや楽曲を使うか、「S-002 ビラ配り」や「S-003 口コミ」で共有プールを増やしておきましょう。

共有プールが枯渇した状態だと、【後で】の効果で共有プールのFPが増えて、相手にチャンスを与えてしまうことがあるので気を付けましょう。

火力をアップするには、「I-002 藍川アカリ」がほぼ必須です。必ず6曲目までに手元に置いておきましょう。

このカードを何枚使えるかが勝敗に大きく関わりますから、「S-004 スポンサー」や「S-005 給料日」で引いたり、捨て札になっても回収できるように「S-009 リサイクルショップ」をデッキに入れるのもありです。


今回は以上です。是非、下からダウンロードして遊んでみてください♩
カードル♪をダウンロード→こちら

カード解説 〜「赤」編〜

カードの解説をイメージカラーごとにご紹介しようと思います。
是非、ご参考にカードル♪をプレイしてみてください。→ダウンロード

今回は「」です。


まずはイメージカラー「赤」のアイドルを2種類!

I-001 藍川アカリ
I-001.png

パラメータ・S3/D3/ L3
『ねぇ、アイドルしよ?』
《ステージに出た時》 自分のステージに、このカード以外のアイドルがなければ、
山札からイメージカラーが「赤」以外のアイドルを1枚選びステージに出します。
その後、 山札をシャッフルします。


I-002 藍川アカリ
I-002.png

パラメータ・S3/D3/ L2
『歌って心だからっ!』
《ポジションがセンターの時》 このカードのSは+4されます。


I-001は1番最初にステージに出した時、アイドルを山札から引いてくることができる強力なカードです。
このカードが1ターン目の手札にあれば、アイドルが揃わない事故も防げますし、2人用の楽曲もいきなり使うことができます。
逆に、1番最初に出せなかった場合はお荷物になってしまうので、戦略「スカウト」を使って確実に引きたいところです。
I-001ではイメージカラー・赤のアイドルは連れて来れないので、赤単体のデッキ構築はありえません。(赤アイドルの種類が足らないから。)

赤は必ず他の色と組み合わせましょう。


I-002は一見I-001よりパラメータが低いですが、効果により、このカードがセンターならS=7になります。
I-001を出した後はI-002をセンターにしましょう。
特に、6曲目以降、M-003「ULTRA☆もっと☆カワイクね♪」を使うまでには必ずセンターにしましょう。

M-003の最大火力を引き出すにはステージ上のアイドルのSが合計10以上必要です。
I-002がセンターなら、どのアイドルがサイドでも確実に10以上になります。
I-001がセンターだと、S=4の青アイドル(I-007)とS=3のアイドルでやっと10になります。
従って、赤+青以外の構築ならI-002センターは必須となります。



続いて、赤の楽曲は3種類。

M-001 笑顔プリーズ
M-001.png
赤/1人/Sが合計5以上で+1FP/共有プールから3FP


M-002 ドリーム・ピッチャー
M-002.png
赤/2人/Sが合計8以上で+1FP/共有プールから5FP


M-003 ULTRA☆もっと☆カワイクね♪
M-003.png
赤/3人/Sが合計10以上で+2FP/共有プールから8FP
セットリストの6曲目より前で使用したなら、得られるFPは0になり、以下の効果もなくなります。
【後で】 共有プールのFPを5増やします。


どれも共有プールからたくさんFPを獲得するストレートなカード。
I-001があるため、1ターン目からM-001、M-002どちらも使えることが多いです。
ただ、M-002は最大火力を出すために、Sの合計が8以上になったら使いたいところ。
M-001はアイドルが2人でていれば確実にSが合計5以上になり、最大火力になるので、
選択になった場合はM-001から使いましょう。


M-003はとても強力ですが、6曲目以降でないとFPを獲得できないので注意。
また、使った後に共有プールを増やすので相手にチャンスを与えてしまうことがあります。
共有プールが枯渇している場合、このカードでFPを増やすのも最終手段としてはありです。

M-003は「Sが合計10以上で+2FP」なので、前述の通りI-002が必須。
3枚全て使い切った場合、最大火力だと最終的に得られるFPが6FP違います。
大きな差なので、場が整ってからM-003を使いましょう。



赤単体のデッキ構築はありえない」ので他の色との相性です。

…○
枯渇が激しい赤に対して、戦略を使わず共有プールを増やせる黄とは相性抜群。
I-001でI-003を呼び出して共有プールを増やす→戦略「スポンサー」で山札をドロー は鉄板です。

ピンク…○
赤の天敵である青をメタれるピンクも相性良好。
序盤、赤楽曲でたくさんFPを獲得しておいて、相手が「BLUE EYES」などの強力なFP強奪楽曲を使う前にピンクで通常ファン→コアファンにして篭城すれば完封も可能です。
共有プールの枯渇が課題です。

…△
FPをとる場所が違うので邪魔せず良いのですが、どちらも強力なカードが多く構築が難しい。
特に、I-001とI-007が共々1番最初に出さなければ効果を発揮しないので厄介です。
シナジーするカードが少ないので△。




以上、長文、駄文失礼しました。興味を持たれましたら是非上からダウンロードして遊んでみてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。